FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受付

受付方向
先日、NTTの施工工事がありました。これで、クリニックと外界(?)が繋がりました。電話機をつないだので、電話をすることも、受けることもできるようになりました。ネットもできるようになりました。ワンランクアップ、という感じです。 受付カウンターに電話があるだけで相当に印象が変わります。笑顔の患者さんが待っている場所、笑顔のスタッフが立っている場所など、具体的にイメージができるようになりました。
スポンサーサイト

建物完成

昨日、建築工事も終了し、カギを渡していただきました。図面をおこすところから、私の夢から希望から患者さんへの想いやら、、、、をぶつけられながら設計してくださった設計士さん、打ち合わせを重ねるうちにこちらの情熱が移ったかのようにたくさんのアドバイスとアイデアをクリニックのスマイルコンセプトに合わせてご提案くださいました。ただ、クリニックという箱を作るのではなく、院長の想いを形にしようと思って下さるのが伝わってきて感激しました。 現場では、しょちゅう顔を出す私(邪魔をしていた?)に丁寧に説明をしてくださり細部の配慮を工夫して下さったりと真夏の炎天下にも汗を流して下さった工匠の皆さま方、本当にありがとうございます。今日、改めてこんなにもすばらしい「玉川スマイルクリニック」を見て胸がいっぱいです。

床材

床
今日の一番のビッグニュースは!なんといっても床材でしょう!シュガーメープルの床材! 少しづつ、貼られていくシュガーメープル!きれいです。色合いが板によって微妙に違うので、大工さんが箱を開けて一枚づつ確認しながら、貼っていました。さすが仕事人です。単純に上から順番に貼っていけば簡単な作業なのでしょうが、大工さん達のこだわりが伺えました。  目指したのは、冷たい印象でない、アットホームなイメージのスマイルクリニック。。。 やっぱり「木調」にして良かったと思いました。
写真夕方になって照明がつくと、雰囲気が変わります。この照明のイメージを設計の時点で頭にイメージされてた設計士さんは「天才だ!」と思いました。

送別会

私の送別会がありました。退職間際で多忙を極めていましたが、久しぶりの楽しい時間を過ごせました。私は9月いっぱいで退職するわけですが、これまで、そこにいた信頼できる人たちと一緒に仕事をすることができたのは、ありがたいことでした。大学病院の近くでの開業なので、これからもできるだけの協力をしていきたいと思います。送られる立場になって改めて本当に私は人との縁に恵まれているなあとありがたく思いました。自分も周りの人にご恩を返せるようになっていこうと決意も新たに!!送別会

職員募集お礼

本日、「玉川スマイルクリニック」の求人案内が、受付締切となりました。大変多くの方々からのご応募をいただきましたこと、深くお礼申し上げます。 応募して下さった全ての方とお会いさせて頂きたいところなのですが、時間・場所の関係より、人数を限らせて頂かざるを得なくなりました。何卒、ご了承ください。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

明るいスマイルクリニック

待合室
クリニックの中は、照明がいらないくらい明るいです。設計の段階からこの採光を視野に入れていた設計に、新ためて感動しました。

変わるとき

今回、開業の準備をするに当たっては、いろいろな話し合いが必要でした。私は、いま仕事をしている所と、十分納得してもらいながら、退職の準備を進めるよう、努めました。私がいる医局の長との話し合いは勿論のこと、大学病院の病院長とも話し合いをしながら、話を進めていきました。これは、当然のことだと思います。開業という選択をする方は十分な配慮が必要だと思います。時に、飛び出すような形で辞められる方もいますが、あまりいい結果にはならない気がします。どんな時でも人対人のコミュニケーション・話し合いが大切ですね。

LAN配線

クリニックを準備する中で、大枠である「図面作り」が、身体で言うと「筋肉」や「骨」であるならば、クリニック内のネットワーク、すなわち配線は「神経系」と言えます。小さなクリニックですが意外と大変でした。今回、電子カルテを全面的に導入して、心電図やエコーなどの検査機器、レントゲンの写真などを、すべて診察室のモニター上で見ることができるように準備しています。  今日はこのお仕事にも拍手を!!!このLANの多さにびっくり!こちらは、ただ、口でここに配線が必要、ここにコンセントが、ここに。。。と言うだけでしたが、それが形となるとこんな風になるんですね!LAN配線
そしてその後すっきりと落ち着きました。LAN2.jpg
すごいお仕事です。。。ありがとうございます。

開業のワケ

気がつくともう卒業して18年目になっていました。大学病院には大学院時代も含め11年いました。ちょっと長く居すぎたかもしれません。しかし、自分が得意とする領域をしっかり持つことができるようになったのは、ここで勤務し続けることができたからだと思います。感謝しています。開業をすることになったのは、医師になる動機でもあった「患者さんを治す」という思いを今も持ち続けていること、しかし、大学病院では、どうしても専門に特化した診療が求められます。専門的な治療の必要な方に加え、日々お困りのたくさんの患者さんのお役に立ちたいと思うと大学病院には限界がありました。カッコつけすぎですか?
プロフィール

tamagawasmile

Author:tamagawasmile
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。