FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲状腺の病気と妊娠

草津市でも桜が咲き始めました。
甲状腺の病気の方の妊娠・出産についてはだいぶ誤解があるようです。
中絶を薦める医師もいるらしくびっくりします。
甲状腺9
バセドウ病であっても、抗甲状腺薬を適切に治療すれば安全に妊娠・出産ができます。
ただし薬の使い分けが必要です。
また橋本病の方は流産のリスクが高いですが、
微調節をすればリスクを避けることができます。
いずれもやや高度なテクニックが必要ですので専門医の受診をお勧めします。
甲状腺と妊娠のことなら内分泌専門医が診療する玉川スマイルクリニックにお気軽にご相談ください。
玉川スマイルクリニック
スポンサーサイト

甲状腺の病気はなぜか女性に多い

今日は寒いですが春を感じさせる大津市・草津市。
甲状腺の病気は、女性が一生でかかる病気のうちでもっとも多いといわれています。
甲状腺8
このうち、橋本病は30台後半から60台に多く、
男性の20-30倍多いことが分かっています。
バセドウ病も男性より女性が5-6倍多い。
癌や腺腫を含め、甲状腺の病気の9割は女性です。
でも、なぜ女性に多いかはいまだにわかっていません。
今後の研究が期待されます。
甲状腺のことなら、草津市の玉川スマイルクリニックへご相談ください。
玉川スマイルクリニック

橋本病の治療

ようやく暖かくなってきた草津市。
橋本病の治療のお話。
橋本病の治療はいたって簡単。
足らないホルモンを薬で補充します。
甲状腺7
ただ、新陳代謝の落ちている体に急にホルモンを与えると体がびっくりします。
単純な治療法ですが、繊細に調節する必要があります。
また、橋本病と診断が確定している患者さんの約90%は、ホルモンが治療するほど減らず、症状も極経度です。このような場合は半年から1年の間隔で定期的に受診し経過観察をします。
いずれにせよ、簡単そうに見えて奥の深い橋本病治療!
専門医による治療が安心です。
橋本病のことなら、草津市に3人しかいない内分泌専門医が診療する玉川スマイルクリニックへご相談ください。
玉川スマイルクリニック

橋本病

また冷たい雨が降っている大津市・草津市。
甲状腺ホルモンの分泌が多すぎるのがバセドウ病。
逆に甲状腺ホルモンが少なすぎるのが「橋本病」「甲状腺機能低下症」です。
バセドウ病と同じで自己免疫システムの崩れが原因ですが、
できる抗体が違います。橋本病の抗体は、甲状腺ホルモンを作る細胞を攻撃し破壊するので
甲状腺ホルモンの分泌が低下します
甲状腺6
甲状腺に炎症がおきるので甲状腺が腫れます。
また新陳代謝がおちるので、体が冷える・寒がる・食欲低下・むくみ・疲労感・うつ
などの症状がでます。
血液検査ではコレステロールが上がります。なのでコレステロールが高いといわれている中に橋本病が隠れていることがあります
珍しい病気ではないですが、気付きにくいのが特徴で、更年期障害・うつ・認知症と誤診されていることもあります。
「元気がでない」「だるい」などの症状があれば、内分泌専門医が診断する玉川スマイルクリニックへお気軽にご相談ください。
玉川スマイルクリニック

バセドウ病治療の副作用で重要なのは

冷たい雨もあがり少し暖かい草津市です。
甲状腺治療薬「メルカゾール」「チウラジール」の重要な副作用は、
無顆粒球症です。
バイキンをやっつける顆粒球(好中球)がなくなるので
感染しやすくなり、感染すると重症化してしまいます。
甲状腺5
症状は、発熱・咽頭痛・だるさ 等です。
風邪の症状と変わらないので分かり辛いですね。
もし、症状がでたらすぐに受診してください。
玉川スマイルクリニックでは血液検査で、その場ですぐ、無顆粒球症か風邪か診断いたします。
また、肝機能障害や湿疹などの副作用もありますが、経験豊富な専門医が治療しますので安心です。
甲状腺・バセドウ病のことなら草津市の玉川スマイルクリニックへお気軽にご相談ください。
玉川スマイルクリニック

プロフィール

tamagawasmile

Author:tamagawasmile
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。